次の作品

第4話  心響
〜MEMORY〜

あの渚 綺麗な飛行機雲だった
何処までも上昇して
そこに佇んでいたのは 幼き頃の自分
心に響くとき 記憶は時を超える