次の作品

第6話  光と大地の詩
〜THE FAMILY'S POETRY〜

子供の頃 夕陽が沈むまで遊んでいると
母が迎えに来てくれた
あの頃と変わらぬ夕陽を見るたび
いつも想い出す